fc2ブログ

足首の骨配列が音程にも影響?

発表会が近かったのでマメに通ってくれたHくん。

まだ10回も来ていないと思いますが
音色も音程もかなり安定してきました。

ヴァイオリンの先生も
短期間でぐっと伸びているので
驚きほめてくれたと教えてくれました。

さて今日の動画。



以前も足首で音色が全然違うことは
記事にしたと思いますが
先日は音程も違うと気づきました。

ヴァイオリンは指で弦を押さえて音程を決めます。
足首にねじれがあると、
支えが弱くなるために
手首や指先にまで影響が出るようです。

出したい音程にキュッといけるのは
下半身の支えもバカにできません。

動画では、足首だけを直していますが
実はこの動画を撮る前に
全身の筋バランスを整えています。
足首をクッと変えただけですが
足首を良い位置にするためにあちこちの筋肉をいじっています。

つまり、動画の最初は
全身の筋バランスを整えた上で
わざと足首だけ普段の状態に戻してもらったのです。

全身整えた後なのに
足首を捻っただけで
これだけ崩れるとは。

この動画はそういうことを表していますよ。

エクササイズのお申し込みはこちらからどうぞ
http://ws.formzu.net/dist/S97049484




スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)