fc2ブログ

骨格に影響を与える筋肉とカップリングモーションの話し

悪口ではありませんが
いろいろな手法の治療家さんや
トレーナーの方々を見ていると
「効率が悪いな」
と感じることがあります。

クライアントさんの困りごとを
解決するのに
それじゃ遠回りじゃない?
と思うのね。

最近身体を見てあげた友だちに
「差し出がましいですが、って
グイグイ入っていけばいいのに。
結局万紀子さんが持ってる答えが
最善なんだからさ」
って言われたり。

「万紀子さんは天才なんだね。
よくわかんないうちに
不調がどんどんなくなっていく」
って言われたり。

で、
私がどうして最短距離を導き出せるかというと。

骨格のカップリングモーションの理解でした。
(最近気づいた)
カップリングモーションって何かというと。
例)上半身を左に傾けながら(左側屈)
左に上半身をねじるの(左回旋)は簡単だけど
右に上半身をねじるの(右回旋)はしづらい
例のように、動きには連動するものと
そうでないものがあるのですよ。

猫背と内股はセット、も、
大きくはカップリングモーション。

関節を扱う時に
連動して広範囲に影響を及ぼす関節か
そうでないか。

では広範囲に影響を及ぼす関節を
支配する筋肉は何か。

この2点を把握しておくと
直したいところから離れていても
原因となって影響を及ぼしている関節はどこか
それを支配するはずの筋肉が働いているのか
ということが見えるわけです。

カップリングモーションを無視して
現場になっている部分だけ直しても
カップリングモーションによって
歪みが戻されます。

例えば、猫背を無視して内股を直しても、
猫背によって内股が引き起こされるので
すぐ内股に戻るよ、ということ。
じゃあ、どうすればいいのさ。
猫背も内股も、仙骨後傾(=多裂筋が働いてない)を
直さないことには何も始まらないのですよ。

この辺はわかりやすいので、
間違える人あんまりいないと思いますが
結局全部がそんな感じよってことです。

要になっている関節とそれを支える筋肉を
見つけ出して調整してやれば
同時にいくつもの不調が消えるのです。
一気にシルエットも変わります。

って、そんな風に
簡単にできりゃ苦労しねーよ
って話しでしたね。

私、要を見つけ出すのが得意なの。

あ、自慢話で終わったわ。完。

※持ってる情報の整理をするといいよ!






スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)