fc2ブログ

スケートで使う筋肉

今日は、スケートを滑ってきました。

実に30年ぶり。

最初は、
はわ…はわっ
と壁から離れられませんでしたが、
徐々に手を離して慣れていきました。

まず気づいたのは
左足首が硬くて、体重をかけられない!
ということです。

右 スーッ
左 カッ
右 スーッ
左 カッ

左足首を剥離骨折して以来、
日常生活では気にならないまでに
回復したと思っていたのですが、
薄い刃に乗って滑るとなると
そうはいかないようです。

左右均等に乗るように気をつけました。

前屈みでバランスを取るのに大事なのは
体幹だけど、特に外腹斜筋。
脚がムキムキ太くならないように
膝に負担がかからないように
滑るために必要なのは、
外旋六筋と恥骨筋、内転筋、腓骨筋。

明日100%筋肉痛。
今、これ梨状筋じゃね?
自分のお尻に洋梨を感じる。
恥骨筋て、こんな風に恥骨についているのね、
というほどジンジンしています。
特に左。
均等に使うように気をつけていても
知らないうちにかばっていたんだなぁ
と気づきました。

…という話しを夫にシェアしたら

「変なスケーター」

と一蹴されたので
トレーナーとしてブログに書きました。

ちゃんと勉強したトレーナーですよ
というアピールをたまにしておきます。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)