fc2ブログ

会場変更!18日東京

急ですが
来週18~20日の東京滞在で
会場の変更があります。

18日は、新宿ドルチェ楽器で
トレーニングを提供いたします。

19、20日は当初の予定通り
菅井先生宅です。

空き状況は↓リンクをご覧ください。
東京受付枠決定

18日夜は、新宿で対面による
ゆるしのセミナーを開催します。
詳しい内容は以下のリンクをご覧ください。
自宅にWi-Fiがないのでセミナーを受けられない
↑ので対面セミナーのリクエストがあったという記事です。

ああこれからLINE@でも流さなきゃね。



美音トレーニングで後進を育成しないの?

私は、
カウンセリング事業と
トレーナー業をやっております。

カウンセリングに関しては
個人カウンセリングの他に
心の仕組みについてのセミナー
カウンセラー養成講座
企業様へのプログラム提供
企業様に対応できる
リコンストラクター養成講座
(現在作成中)
など複数取り組んでおります。

トレーナー業としては
個人、グループへの
トレーニング提供のみ。
来年は
音楽家向け体の使い方講座を
始める予定です。

美音トレーニングで後進の育成をしないの?
とよく聞かれます。

うーん…
音大を出て
機能解剖学の基本を勉強して
SadaさんのRRRのセミナーを
ひと通り受けたら、
その知識を音楽家の身体に
どう転用するか教えることができるんだけども。

音楽家の身体の使い方は
ものすごく繊細です。
ちょっとかじって
「こうすればいいよー!」
なんていう簡単なものじゃない。

音楽を専門に勉強した人ならわかるでしょう。
(なのにどうして簡単なものに飛びつくかな。
イヤミ)

あと、
丸い音
尖った音
芯のない音
芯のある音
太い音
細い音
などなど
音色の質を聴き分ける耳を
持っていなくてはできません。

ハードル高いのですよ。



今日から通常営業です

北海道胆振東部地震による影響はどうだったでしょうか。

皆さまご無事でしたか?

私は地震の時ちょうど札幌にいまして
そのまま帰れなくなって
土曜日にレンタカーで無理矢理帰ってきました。

家族も私がいない中
よくがんばってくれました。

札幌ではいつも弟宅に滞在します。
弟は高齢者施設に勤めており
災害当日から忙しくしていました。
4階建のエレベーターが止まり
4階の入居者さんに
階段を登って食事を届けたり。
徘徊してしまう方が、ベッドから降りたら
センサーで知らされるようになっていても
停電でセンサーが働かないために
見回りをこまめにしたり。

弟は自分のために
災害に備えることもできない状態でしたから
私が他にすることもなく食品を買いに出たり
水を溜めたりすることができて
返って良かったなと思っています。

病院勤務の方やライフラインの復旧に当たっていた皆さんも
自分のことは後回しだったんだろうなぁと思うと
本当にありがとうございますと
頭が下がります。

さて。
そんなわけで
7日金曜日にご予約頂いていた皆さまには
ご迷惑をおかけしましたが
本日より通常勤務です。
といっても
明日からまた出張ですけど(^_^;)

本日もほぼ埋まっております。
空き状況は↓
ご予約状況
をご覧ください。



ちょうどいいものがあった♪

最近手指に凄く良いエクササイズ(?)ができたので
ぜひ腱鞘炎、指の痛みに悩んでいる
音楽家さんたちに!
と思っていたのですが、
ポールを持って飛行機に乗るのは
…キャリーケースにも入らないし…
どうしよう…
と思ってスポーツ店に行ったら。

ちょうど良いものがありました。



これならキャリーケースに入るし
なんなら筒状なので
穴に荷物詰め込めるし(←

今流行りの筋膜リリース用らしい。

なんでもいい。使えれば。

ヨシ。
今月の東京はさらに良いものを提供するぞぅ!

18~20日は東京におります。

次回東京受付枠決定

「こうすれば良い」というのがインストラクター、「あなたはこういう状態」も加味するのがトレーナー

ちょっと今日は辛口。

私は心も身体も扱います。
心理学も解剖学も勉強しました。

なので、相手に合わせて
必要な知識を選び
相手が受け取れる形にして提供します。

クライアントさんの状態、タイプ、クセ
などなどを見て何を出すかを決めます。

こういう言い方は
敵を作るかもしれませんが
流れや「やり方」を覚えて提供する
というのとは全然レベルが違うから。

インストラクターは
出来上がったプログラムを
提供しますが
それが本当に意図した通りできているか
チェックするのは
仕事に入っていません。

だから、
例えばインストラクターの指導の元で
ヨガをやってどこかを傷めても
なぜ傷めたか
どうすれば傷めなかったか
まではインストラクターには見る力がないのです。
ちなみに効果があるやり方で
できているかチェックもできません。
インストラクターの資格に
その勉強は入っていません。

インストラクター指導のプログラムが
比較的安価なのはそういう事情です。
インストラクターの方が簡単になれます。
だから今何でも
インストラクターがあふれています。

残念なことに
トレーナーを名乗る人にも
ちゃんと見れない人が結構いるようです。
トレーニングで痛みが出ても
なぜ痛みが出たのか
どうすれば痛みなくできるか
判断できずに
「鍛えれば大丈夫」
なんて言ってやらせ続け
結局手術しなきゃいけないほど
傷めてしまったなんて悲しくなります。

もちろん、そんなトレーナーは言語道断。

でも同時に
お客様の側にも
見る目を持っていただきたいのです。

安ければいい?
安いには安い理由があります。

でも、高けりゃいいってものでもなく。

トレーナーとは
きちんと状態を見て
クライアントに合わせて
プログラムを組んでくれる人。
自分のやり方をごり押ししてくる
トレーナーは、技術が低いということ。

インストラクターは、見本。
真似するために前に立つ人で
その通りできているかチェックするのは
仕事ではありません。
いい汗かくためなら良いけれど
自分の身体を変えられると
期待してはいけません。

これだけでも知っていれば
自分の欲しい技術に合っているか
判断できますね。

情報が氾濫して
判断基準を持たないと
良い情報が選べない時代です。
賢く良いものを選んでくださいね。



(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)