Bodydesignsalon-美音-
2015年7月1日㈬OPEN!!

チェリストさんのお体

チェリストの友だちに
身体を見せてもらいました。

チェロならではのお悩みを
いろいろ聞かせていただきましたよ。

初めて知ったのは
エンドピン(写真の赤丸)は
腰痛緩和のために考え出された
というエピソード。



昔のチェロは全て↓の写真のように
足で挟んで支えたそうです。



ちょっと撮った目的が足じゃなかったので
よく見えませんが
エンドピンはなく、ふくらはぎで挟む感じですね。

バロックチェロは今でもその奏法だそうで
どちらも演奏する彼女は
バロックチェロの演奏は
腰がきついと言っていました。

確かに演奏する姿勢を見せていただくと
骨盤後傾になっていて
腰椎のカーブがなくなっていて
ストレートネックならぬストレート腰。
腰痛リスク高。

多裂筋をしっかりと活性化させると同時に
演奏姿勢の見直しの必要も感じました。

しかし
私も演奏していたのでわかりますが
姿勢を変えるということは
すべてが変わると言っても
過言ではありません。

演奏方法をガラリと変える勇気が必要です。

人によっては
そんなに変えなくて良い場合もありそうですが。

私の記憶では
大学の先輩で
あまり変える必要がなさそうな
姿勢でチェロを演奏していた方がいました。

そういう方は
要所要所の筋肉を活性化することで
すぐに効果が出るだろうな
と予想できます。

ガラリと変えても私の提供する
エクササイズにかける!
と言っていただけるだけの
信用を得ることがまず必要ですね。

長くなったので
今日は腰で終わり。

次回、胸椎、肩関節
チェリストの腱鞘炎です。

エクササイズ用ご予約メールフォーム





スポンサーサイト

8月29日~9月2日のご予約状況

29日(火)9:3011:00、13:00、14:30、16:00、17:30、20:00

30日(水)9:30、11:00、13:00、14:30、20:00

9月1日(金)9:30、11:00

2日(土)10:00、11:15、13:00、14:30、16:00、17:30、20:00


予約が入りましたら10:00のように潰していきますので、
空いている時間からお選びください。

ご予約お待ちしております。

エクササイズ用ご予約メールフォーム


カウンセリング用ご予約メールフォーム

服が高見えする理由

「高見え」とは、
高級そうに見える
という意味があるそうです。

この言葉は
「お客様は、高見えしますね~」
とお店で言われて初めて知りました。

このドレスも


このドレスも


実は1万円しないのです笑

ドレスは、
ドレスに限らずどの服でも
値段が高いものほど

身体のラインがキレイに見えるように
工夫がされています。


ウエストがくびれて見えるとか
ヒップアップして見えるとか。
パットが入って胸が大きく見えるとか。

それがデザイン。

ということは
実際のボディラインがキレイであれば
縫製やカットの工夫が必要ないので
それらがされていない服でも
デザインに力を注がれたように見える
↓ ↓ ↓
高見えする

のですよ。

服にカバーしてもらうより
見せられるボディライン作り、しませんか?

エクササイズ用ご予約メールフォーム


8月22~26日のご予約状況

8月22~26日のご予約状況です。

夏休みも終わりですね。
お早めにご予約くださいませ。

22日(火)9:3011:00、13:00、14:30、16:00、17:3020:00

23日(水)9:3011:0013:00、14:30、20:00

25日(金)9:30、11:00

26日(土)10:0011:15、13:00、14:30、16:00、17:30、20:00


予約が入りましたら10:00のように潰していきますので、
空いている時間からお選びください。

ご予約お待ちしております。

エクササイズ用ご予約メールフォーム


カウンセリング用ご予約メールフォーム

股関節が痛む場合

先日お客様が
股関節が痛むといらっしゃいました。

しゃがんだり
あぐらをかこうとすると痛む、と。



痛むのは、赤い部分。
これは股関節がズレて
周りの組織を噛んでいますね。

ここは外旋六筋と内転筋群の出番。

私がサポートしながら
クラムというエクササイズで
外旋六筋を活性化…

「パキッ」

と音がして
手のひらに関節がハマる感触。

やっぱりね。

お客様も
「あれ?痛くない!」

でもまだ違和感はあるので
丁寧に関節が良いハマりの状態で動くように
エクササイズをしました。

ここをサボると痛みが出る
ここを使って曲げると痛くない
お客様も自分の体がわかってきて
帰る頃にはかなり良くなりました。

関節を支える筋肉がたるんでいると
関節が少しズレてしまいます。

その状態で曲げ伸ばしすると
周りの組織を挟み込んで
傷つけてしまったりするのです。

腱鞘炎や膝痛なども
それで起きていることも多いので
湿布を貼ったりするより
関節の噛み合わせを直す方が良いですよ。

エクササイズ用ご予約メールフォーム



(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)